2010年7月19日月曜日

今後の進め方について

不確定要素満載の“ロボロボの会”ですが、7月18日(日)に数名で、今後の進め方について打合せを行ない、当面、以下のような考え方で会を運営したい。ということになりました。


1.目的に対し、クラスを4段階に分ける。
 (1)体験教室:
   久茂地公民館のロボット(TJ3)を使用して、ロボットの仕組みとプログラミングを体験する。
 (2)初級教室:
   久茂地公民館のロボット(TJ3)、あるいは、参加者が所有するロボットを使用して、各種センサーの役割と動作原理を理解し、正しく動作させるためのプログラミングを学ぶ。
 (3)中級教室
   参加者が所有するロボットを使用し、センサーや駆動部位を追加・拡張し、正しく動作させるためのプログラミングを学ぶ。
 (4)上級教室
    ロボカップジュニアで勝ち残れるため、ロボットの拡張、プログラミング、戦い方などを学ぶ。


2.各教室の講習方法(教え方)について
 (1)体験教室:
   これまでどおり、TJ3+ノートPCの体験キットで、簡単なプログラムを体験してもらい、即、模擬戦を行ないます。
 (2)初級教室:
   午前は、各種センサーの役割や動作原理について理解する。午後は、与えられた課題について、センサーを正しく動作させるプログラムに取り組む。

 以上です。

 まずは、8月1日に体験教室。8月15、29日で初級教室を開きたいと考えております。
 申込ページを用意しましたので、申込をお願い申し上げます。

 なお、中級・上級については、現時点の講師陣では対応が困難です。
 これについては、まず、中級教室をどのように運営するかを、講師メンバーの体制づくりも含めて、諦めることなく、引き続き、検討していきます。


3.サークル活動への移行について
 8月の初級教室など活動内容と、中級教室の目処などを、お父兄の皆さんと話し合い、サークル活動の賛否も含め、多くの意見をもとに、今後に活動について、方向性を検討したいと思います。

以上

代表世話人 今井俊二 

0 件のコメント:

コメントを投稿